白木峰の春は 桜と菜の花

白木峰高原の春は、一面の菜の花と桜。例年3月下旬頃から4月上旬頃には、約10万本の菜の花が斜面一帯を黄色に染め、さらに桜の花がアクセントになって見事な景観となり、たくさんの花見客が訪れます。黄色と桜色の斜面の向こうには諫早平野から諫早湾干拓、遥かに雲仙普賢岳が続き、素晴らしいパノラマとなっています。

最新の開花情報(見頃終了まで更新)

【桜】葉桜【菜の花】散り盛ん(終了)

桜は緑鮮やかな葉桜になり、菜の花もだいぶ花が散ってきました。2022年春の開花情報を終了します。 秋のコスモス、そしてまた来年の桜と菜の花を見にいらしてください。

【桜】葉桜 【菜の花】満開

桜は葉桜となりつつあります。菜の花は今が満開です。

【桜】散り始め 【菜の花】7分咲き

桜は満開を過ぎ、風が吹くと花びらが舞っています。 菜の花はまだまだ綺麗に咲いています。

【桜】満開 【菜の花】満開

桜が一気に満開になりました。菜の花もほぼ満開を迎えており、今が最高の見頃となっています。 桜は一週間ほど楽しめると予想されています。

【桜】3分咲き 【菜の花】3分咲き

桜、菜の花とも3分咲きになりました。

【桜】開花 【菜の花】3分咲き

桜は3/22に開花が確認されました。菜の花は現在、3~4部咲きとなっています。 綺麗な花の裏には、地元の「白木峰高原育成会」の皆様の努力があります。